Shortcodes Ultimate

【悲報】親LGBTQ世界一のカナダさん、女子バレー大会がトランスジェンダー大会になってしまう😭

maxresdefault (87)

マンガでわかるLGBTQ+
パレットーク
講談社
2021-04-27



1: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2024/02/11(日) 21:38:41.04 ID:1HI2Hrok0● BE:643485443-PLT(16000)

【海外発!Breaking News】女子バレーボールの試合にトランスジェンダー選手5人が出場し物議「女子スポーツを守れ」(カナダ)<動画あり>

トラベル情報メディア『Asher & Lyric』が昨年6月に発表したレポートで、「世界で最もLGBTQ+フレンドリーな国」にカナダが選ばれていた。しかし実際の声は、調査結果を100パーセント反映しているとは言い難いようだ。
このほど同国で開催された女子大学バレーボール大会に、5人のトランスジェンダー選手が出場したことで物議を醸している。米ニュースメディア『New York Post』などが報じた。

カナダのオンタリオ州トロントで現地時間1月24日、女子大学バレーボール大会に出場したセネカ・カレッジの「セネカ・スティング(Seneca Sting)」とセンテニアル・カレッジの「センテニアル・コルツ(Centennial Colts)」の選手が物議を醸した。

その理由は、セネカ・スティングに3人、センテニアル・コルツに2人のトランスジェンダーの選手が起用され、生物学的に女性である選手はベンチに控えたままであったからだ。
試合は3人のトランスジェンダーを起用したセネカ・スティングが、センテニアル・コルツに3対1で勝利した。

地元のニュースメディア『Rebel News』によると、同メディアが試合会場の取材及び撮影を試みようとしたが、激怒した大会関係者に撮影を中止するように求められたという。
当時の映像には、ジャーナリストのデイヴィッド・メンジーズ氏(David Menzies)が、コーチに「なぜ生物学的な女性の選手を起用しないのか?」と問いかける場面が映っている。この映像がSNSに公開されると、多くの疑問の声があがった。

「生物学的に女性である人たちは、この状況に対してボイコットを始める時期だと思うよ。」
「何のために女子スポーツを無意味に破壊するんだ? こんなイデオロギーは間違っている。」
「来年はトランスの彼女たちはもっといろんなポジションを獲得するだろう。そしてそれに対抗するチームはもっとトランスの選手を起用することになる。さらば、女子スポーツよ。」

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/25859104/


続きを読む
Source: 筋肉速報
【悲報】親LGBTQ世界一のカナダさん、女子バレー大会がトランスジェンダー大会になってしまう😭