Shortcodes Ultimate

【爆笑】ひろゆき 今度はマヨネーズを知らず赤っ恥ww

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1631089653/

1: 風吹けば名無し 2021/09/08(水) 17:27:33.85 ID:vZxBDEPG0
no title

no title

no title

マヨネーズがフランスの家庭でなじみ深いものだと知らずにイキって「底辺が食うもの」とレッテル貼りした模様

2: 風吹けば名無し 2021/09/08(水) 17:27:48.15 ID:vZxBDEPG0
マヨネーズの誕生物語

発祥は地中海のメノルカ島

18世紀半ば、メノルカ島(スペイン)での出来事です。当時イギリス領だったこの島にフランス軍が攻撃をしかけました。
その指揮をとっていたのがリシュリュー公爵。戦火の中、公爵は港町マオンで料理屋に入り、お肉に添えられたあるソースに出会いました。

そのソースを気に入ったリシュリュー公爵は、後にパリでそのソースを「マオンのソース」として紹介しました。
それが「Mahonnaise(マオンネーズ)」と呼ばれ、その後「Mayonnaise(マヨネーズ)」となりました。これがマヨネーズの最も有力な起源説といわれています。

https://www.kewpie.co.jp/mayonnaise/history/

4: 風吹けば名無し 2021/09/08(水) 17:28:00.07 ID:vZxBDEPG0
家庭フレンチの定番を「フランス人はマヨネーズが大好き」

フランス発祥の「マヨネーズ (Mayonnaise)」は、今や世界中で愛されています。
マヨネーズの起源には諸説あるようですが、有力なのは18世紀半ばにフランス軍がスペインのメノルカ島を攻撃した際、
指揮していた公爵がMahonという街で食べて気に入ったソースをフランスで広めた、という説。
Mahon風という意味の”Mahonnaise(マオネーズ)”が訛って”Mayonnaise(マヨネーズ)”となったのだとか。

日本人にとってマヨネーズはジャンクなイメージが強いかも知れませんが、フランスでは歴としたフレンチソース。
とにかく、フランス人もマヨネーズが大好きで、フレンチの伝統的な前菜に、
堅茹で卵にマヨネーズをたっぷりのせて食べる「Oeuf-mayonnaise(ウフ・マヨネーズ)」があるように、マヨネーズは立派なフランス料理と言えるでしょう。

フランスでは、マヨネーズを何かに「調味料としてつける」というより、「一緒に食べる」と言っていいほどたっぷり載せて頂きます。
フランスのマヨネーズが日本のものよりあっさりしているから食べられるのかも知れませんが。

https://www.designstoriesinc.com/panorama/chiemi_segur_mayo/

6: 風吹けば名無し 2021/09/08(水) 17:28:13.25 ID:vZxBDEPG0
マヨネーズはフランス人にとって欠かせないソースなのだ!

皆さんの中にもマヨネーズファン好きの方は多いだろう。マヨネーズは日本においても、とてもポピュラーな調味料だと言える。
実は、マヨネーズの本場フランスにおいて愛されている『ウフ・マヨネーズ』という茹で卵とマヨネーズの前菜があるのを皆さんはご存知だろうか? 

この料理の一番のポイントとなるのが、卵黄・酢・油から手作りするマヨネーズなのだ。
今回は著名なフランス料理店の店主が自家製マヨネーズのレシピと、美味しく作るポイントを分かりやすく解説してくれたので早速紹介しよう。

https://funq.jp/buono/article/464573/


続きを読む

Source: なんJ PRIDE
【爆笑】ひろゆき 今度はマヨネーズを知らず赤っ恥ww