【K‐1】武尊が戦慄KO防衛 那須川天心の目の前で最強アピール K-1スーパーフェザー級

maxresdefault (14)

武尊 ファースト写真集 『 武尊 』
ワニブックス
2018-12-10


1: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2021/03/28(日) 20:02:23.65 ID:CAP_USER9

 「K-1」(28日、日本武道館)

 K-1スーパーフェザー級王者・武尊(29)がKrush同級王者レオナ・ペタス(28)とのタイトルマッチを行い2回KOで防衛した。

 武尊にとって1年振りの試合。リングサイドではライバル・那須川天心(22)が見守った。

 序盤いきなり相手のストレートを受けて後退したが、ニヤリと笑顔を見せた。激しい打ち合いは徐々に優勢に立つ。1回終了間際には、強烈な左フックでダウンを奪い、左拳を突き上げた。

 2回は足の止まった相手と打ち合い。武尊はカウンターを受けてふらついたが、その直後に逆襲に転じスタンディングダウンを奪う。一気に攻勢に立つと最後は右フックをたたき込むと相手が膝から落ちた。レフェリーが試合を止めてKO勝ちを収めた。勝利を決めてトップロープから宙返りを決めた。

 武尊は昨年大みそかの「RIZIN」ではリングサイド席でRISEフェザー級王者の那須川天心(22)の勝利を見届けた。キック最強王者同士の夢の対戦実現へ「僕たちは格闘家としてずっと引かれ合っていました。K-1でもRIZINでもない中立的なリングで拳を交えたいと思っています」と話していた。

 那須川も当時「何も決まってないが、一緒に格闘技を盛り上げていきましょう」と呼びかけていた。今度は立場を逆にしての“急接近”。目の前の勝利で答えて見せた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/131e4edda9b6455b6d97d128380b355abf07ed30
3/28(日) 19:53配信


続きを読む

Source: 筋肉速報
【K‐1】武尊が戦慄KO防衛 那須川天心の目の前で最強アピール K-1スーパーフェザー級