Shortcodes Ultimate

ヴィーガンなのにプロレスラーになったデスマッチ大好きイギリス人が大日本プロレスでデビュー。豆腐で鍛えた肉体美を披露

20200830-00010020-encount-000-2-view

1: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/09/01(火) 14:22:59.30 ID:3Tkb3Vyjd● BE:505621852-2BP(1000)

プロレス界に異色の“ヴィーガン”戦士 ハヤブサに憧れてデビュー
https://encount.press/archives/81364/

「イギリスからのプロレス留学生」ドリュー・パーカーは2012年、14歳の時に、
母国のイギリス・ウェールズでレスラーデビュー。
19年に初来日し、日本のデスマッチにはまってしまった。

20年4月には、大日本プロレスに正式所属。
大日プロの合宿所で若手選手たちと共同生活を送りながら、デスマッチ修行に励んでいる。

日本語もかなり話せるようになり、日常生活には困らないが、食事だけは苦労している。
バターとポテトがないとダメ、ちゃんこは苦手……ではなくドリューはヴィーガンなのだ。

菜食主義者(ベジタリアン)は、動物性食品を食べないが、
ヴィーガンは、動物製品を使ったものも避ける。
肉、魚はもちろん卵や乳製品も口にしない。
下ごしらえや調味料にも動物由来のモノは、使えないのだ。

出汁文化の日本料理で、一体、何を食べているのか、心配になってしまうが
「醤油とゴマは大丈夫だから」とニッコリ。豆腐、納豆、ブロッコリー、米が大好物。

となると、体作りも大変だろうが、ヴィーガンの誓いは固い。
4年前、18歳の時に動物映画を見て、動物愛に目覚めてしまった。
動物を愛するあまり、口にすることができなくなってしまったのだ。

「腹いっぱい食べろ、とことん飲め」の世界で、さぞや苦労も、と思いきや、アルコールは大丈夫。
ヴィーガンビールもある上に、日本酒、ウイスキー、ワインなど、いける口だ。
大日戦士たちとも、仲良くやっている。

プロレスが趣味だが「13日の金曜日」などホラー映画も大好き。
音楽もパンクロックが好みと、食生活を除けば、22歳の若者そのものだ。

“不死鳥”ハヤブサに憧れて
アブドーラ・小林率いる小林軍団の一員として、デスマッチ王の座を目指して戦う日々。
デスマッチファイターの勲章である体のキズも、少しずつ増えている。
「レスラーになったころは、ハヤブサさんがアイドルだった。
今は小林さん、宮本裕向さん、竹田誠志さんが目標です」と、流ちょうな日本語が冴えわたる。

9月7日には、DDTの後楽園ホール大会に乗り込み、ユニバーサル王者クリス・ブルックスに挑戦する。
「同じイギリスからのプロレス留学生で親友だけど、リング上は別」とキッパリ。
通算成績では分が悪いが「彼には1勝しかしてないけど、デスマッチでは僕が勝った。
今度はノーDQマッチ。反則なしだから、僕の土俵です」と英国対決にも自信をほのめかす。

「クリスはDDT所属。僕は大日本所属。良くしてくれるみんなのためにも負けられない」と、
大日魂も燃やしているドリューは「もっと強くなりたい。もっとデスマッチもたくさんしたい。
そして日本語。日本語はとても難しい。でももっとうまくなりたい」と、
リング上とは打って変わって、かわいらしい瞳をクリクリさせる。

「日本のガールフレンドはいないの? その国の言葉を覚えるのはピロートークが一番と言うけど」と
振ってみたところ「そうね! そう言いますね。でも……フフフッ」と照れ笑い。
恥ずかしがり屋で純粋な青年という一面も垣間見えた。

異色のヴィーガン英国戦士が日本ではばたく。その言動から目が離せない。


続きを読む

Source: 筋肉速報
ヴィーガンなのにプロレスラーになったデスマッチ大好きイギリス人が大日本プロレスでデビュー。豆腐で鍛えた肉体美を披露