Shortcodes Ultimate

栗山英樹「命をかけて戦っていく中で、拓也の力をぜひ貸してほしい」

bandicam 2023-01-23 08-13-33-955

引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1674426652/

1: それでも動く名無し 2023/01/23(月) 07:30:52.69 ID:gozisLnz0
 日本野球の威信をかけた戦いが待ち受ける。侍の攻守のカギを握る男は、こう打ち明ける。

「栗山監督に『命をかけて戦っていく中で、拓也の力をぜひ貸してほしい』と言っていただいた」

 昨年、シーズン全日程の終了直後にかけられた言葉だった。

「遠慮なく考えや思っていること、気づいたことを言ってきてくれと。チームの雰囲気がどうとか、試合の流れがどうとか、どんどん言ってきてほしいと。『チームが勝つために、俺は拓也の意見が必要だと思っている』とまで言っていただいた。その思いを聞いて、世界一の監督になってもらいたいと素直に思った」

 栗山監督は、これまでの代表活動における甲斐の実績と、国際試合で重要となる洞察力を高く評価。いち早くチーム構想の中心に据え、絶大な信頼を伝えることで、抜かりない準備を促した。今回のWBCには、他国と同様に日本もメジャー組を招集。ダルビッシュ、大谷らが早期に参戦意思を示したことは、甲斐にとっても大きかったはずだ。

 この日の自主トレでは、新たな取り組みも公開。メジャーなどで注目されているフレーミング技術の向上を目指した練習だった。際どいコースの球をストライクにする確率を上げる捕球技術で「メジャーでは当たり前になっていて、投手を助けられる」と意図を語る。

 念頭にはもちろんダルビッシュ、大谷の快投を引き出す狙いがある。「WBCのこともあるんで。いい投球をしてもらえるように。自分の技術を見返した時に、身につけないといけないと思った」。NPB組にも動く球を武器とする投手が増えている。国際試合での審判の傾向もある。侍の常連らしく頼もしかった。

「栗山さんと勝つために。このWBC、僕は頑張ります」。3大会ぶりの世界一へ、侍の命運を握る覚悟はできている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cbf85b0a4ad53ed912f9aef05062f4dc461f2ee5

2: それでも動く名無し 2023/01/23(月) 07:32:56.26 ID:zSTQzOZJ0
貸してくれるよな、拓也!

4: それでも動く名無し 2023/01/23(月) 07:35:12.70 ID:ODhXd2eY0
栗山や選手が強い言葉を使えば使うほど前回の山本浩二の立場がやばくなっていく


続きを読む
Source: なんJ PRIDE
栗山英樹「命をかけて戦っていく中で、拓也の力をぜひ貸してほしい」