Shortcodes Ultimate

西武の“問題児”#相内誠 が格闘家転身! 球界出身の先輩2人が「格闘界をなめんなよ」

67ae2c7b

1: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2020/11/05(木) 19:28:43.13 ID:CAP_USER9

「いやいや。相内よ、格闘技をなめるな。まず大人として『最低限のルールは守れよ』と言いたいですね」

 こう語るのは、1993年にドラフトで2位指名されて千葉ロッテマリーンズに入団し、パワーある打撃で活躍した立川隆史氏(45)だ。

「K-1」で3連勝も果たした元ロッテ・立川氏

 立川氏は現役引退後の2007年に格闘家へ転身し、K-1デビューを果たした。あのマイク・ベルナルド(享年42)から直接、キックボクシングのトレーニングを受け、K-1での通算成績は3勝3敗だった。

「当たり前だけど、本気で倒しに来る相手の迫力は本当にすごい。ふつうの人間では経験したことない、次元が違う世界でしたよ」

 だからこそ、相内には厳しい言葉を投げかける。

「正直、野球の世界より格闘技のほうが、いろいろな厳しさがありました。練習もそうだけど、上下関係や礼儀については、格闘技のほうがはるかに厳しい。

 彼の不祥事については報道でしか耳にしていないけど、まず大人として社会のルールを守れなければ、何をやってもダメ。やりたいならば、プロとして腹をくくれ!」

 もう一人の“先輩”にも話を聞いた。栄光のドラフト1位で球界に入り、総合格闘家への転身を果たした古木克明氏(39)は「30歳になる年に転向した僕に比べれば若いし、本気でやれば強くなれる」と話しながらも、こう心配する。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/4218287b57a72fafcee3ea6d87aee7bf3082a3ad
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201105-00010008-flash-000-7-view.jpg

関連
【野球】西武・相内 格闘家転身決意!トラブル続きで能力開花せずプロ野球引退へ [砂漠のマスカレード★]
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1604341023/


続きを読む

Source: 筋肉速報
西武の“問題児”#相内誠 が格闘家転身! 球界出身の先輩2人が「格闘界をなめんなよ」