那須川天心「キックボクシング界に敵がいなくなってきて…」プロボクシング転向を決意したきっかけとは?

maxresdefault (46)

1: 以下、名無しで筋肉速報がお送りします 2021/03/08(月) 23:53:06.77 ID:CAP_USER9

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。2月20日(土)放送のお客様は、格闘家・那須川天心さん。ここでは、話題となったフロイド・メイウェザー・ジュニア選手との1戦や、今後の目標について語りました。

◆「だったら僕が挑戦したい」
川島:ボクシング転向を表明されて、とても驚いたのですが、きっかけは何だったのでしょうか?

那須川:ずっと連勝していて、いつも“挑戦者を迎え撃つ”立場なんですね。だけど、本当にキックボクシング業界でもなかなか敵がいなくなってきて。

川島:正直、(那須川選手が強すぎて)試合も組めない状況だと思いますが。

那須川:そうですね。なので、“だったら僕が挑戦したいな”ということで転向を決めました。

川島:新しい挑戦者になるための、あえてアウェーに飛び込んでいくということなんですね。

◆「蹴っていたら面白かったな」
川島:メイウェザーとのエキシビションマッチもありましたが、あのときはどういう心境でした?

那須川:本当に挑戦ですよね。格闘家で、こんなチャンスをもらえることは、なかなかないですし……例えになっているか分からないですけど、川島さんは「ダウンタウンさんの冠番組の司会をやるか?」って言われたらやりますか?

川島:や、や……やります(笑)。

那須川:(笑)。そんな感覚です。

川島:でも、相手のフィールドで飛び込んでみたらどうなるんだろうっていうのも。

那須川:そうですね。チャンスがあるのに“出ない”のは違うなと思うので。

川島:せっかくこういう機会がきたんだったら、やってみて自分がどうなるかを試してみたいと。

那須川:そうです。

川島:でも、さすがにその試合の前日は緊張したんじゃないですか?

那須川:緊張というか、“クソ!”“悔しい”っていう気持ちのほうが強かったですね。

川島:そうなんですね。

那須川:急にいろいろとルールでがんじがらめにされて、“蹴ったら罰金5億円”とか。試合の前に急に言われたんですけど。

川島:これは純粋な勝負としては成立していなかったと。

那須川:そうですね。なので、今だったら“蹴っていたら面白かったな”って思うんですけど。

川島:5億のキック(笑)。

那須川:(笑)。

那須川:とはいえ、メイウェザーと向かい合ったわけですよね。ほかの選手たちとは違うオーラとかはありましたか?

那須川:オーラも違いましたし、すべてにおいて違いましたね。もちろん体重差もありましたが、それを承知のうえで試合をしたので。でも、あそこで得たものは本当に大きかったと思いますね。

川島:あの試合はやって良かった?

那須川:やって良かったです。

◆ピークは「全然これから」

TOKYO FMの番組「土曜日のエウレカ」2月20日(土)放送ゲスト:那須川天心さん

川島:格闘家としての今後の目標をお聞きしていいですか?

那須川:今年も“全部勝ちにいく”っていうのもそうですし、あとは次に向けての挑戦だったり、いろいろと話題のあるカードがたくさんあると思うので、それに向けて自分自身を高めていこうかなと思っています。

川島:俯瞰的に見て、“自分のピーク”はまだ先にあると思いますか?

那須川:まだまだ先だと思いますね。

川島:まだまだ強くなると。

那須川:強くなると思います。全然これからですね。

(TOKYO FM「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」2月20日(土)放送より)

https://news.yahoo.co.jp/articles/88d325c98c362de1c2b3fbe3f17c97eda737c5f3
3/6(土) 7:13配信

前スレ 2021/03/06(土) 07:24
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1614983063/


続きを読む

Source: 筋肉速報
那須川天心「キックボクシング界に敵がいなくなってきて…」プロボクシング転向を決意したきっかけとは?