Shortcodes Ultimate

「四番サード原」を知らないFA世代に手詰まりの巨人

引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1669093790/

1: それでも動く名無し 2022/11/22(火) 14:09:50.58 ID:oxlDZg3P0
今オフ、大型補強を敢行するとみられるプロ野球巨人がフリーエージェント(FA)市場で予想外に苦戦を強いられている。阪神の西勇輝投手と楽天の浅村栄斗内野手は残留が決まり、西武の森友哉捕手、日本ハムの近藤健介外野手はFA宣言したものの、巨人獲得の声は聞こえてこない。在京セ・リーグ球団編成担当者がその背景を説明する。「一昔前のFA選手は、幼い頃から特に巨人の4番で三塁手だった原(辰徳)さんのファンで、憧れの人の下でプレーしたいとの思いが移籍の決め手になることも多かった。しかし、今のFA選手は4番・原どころか、現役時代さえ知らない。むしろ巨人では高橋(由伸)や阿部(慎之助)らを見て育った今のFA選手たちに対し、原さんを前面に出しても通用しなくなっている

原監督の現役引退は1995年。今オフのFA資格選手では、巨人が獲得を調査していたとされる西は1990生まれで、選手・原が辛うじて記憶に残っている世代だ。95年8月生まれの森、93年8月生まれの近藤となると、選手・原は記憶にないだろう。FA戦線で原監督のネームバリューが落ちていることも致し方ない。

 一方で今のFA選手に監督・原はなじみ深い。巨人だけではなく、09年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表を頂点に導くなど、名将への道を歩む姿をリアルタイムで見てきた。

 ただ、それはFA移籍では時に逆効果になり得るようだ。過去にFA権取得時に巨人入りせず、残留を決めた選手が所属したNPB球団関係者が語る。

「原さんは名将だからこそ権威も醸しだし、選手が部下としてプレーするには躊躇するオーラがあるのだろう。しかも今は全権を握っていて、それもマイナスに働いているのではないか。活躍できなければ、すぐ切り捨てられる可能性があるということだから。原さんが好むベンチ主導の野球は、今の選手には敬遠されがち。ベンチは『指示』ではなく、『支援』で選手を動かす時代に変わってきている」

https://news.yahoo.co.jp/articles/5e11ae8087b34eebaff535204e2a0bbe21cca89b

3: それでも動く名無し 2022/11/22(火) 14:10:30.26 ID:xvN1XJhm0
今のFA世代はアラサーとかやしそら知らんわな

4: それでも動く名無し 2022/11/22(火) 14:11:05.74 ID:hZe1lYeq0
今の世代は原は変顔おじさんみたいな認識やろ

46: それでも動く名無し 2022/11/22(火) 14:23:57.86 ID:DVVRQAALM
現役知っててもあんまり…


続きを読む
Source: なんJ PRIDE
「四番サード原」を知らないFA世代に手詰まりの巨人